ステーキと言ってはいけない。‟ビフテキ”なのだ。

幼少期の思い出。

ワシがまだ小学生の頃だったと記憶している。

親父が「おい、今日はビフテキを食わせてやるぞ。」と言ったことを思い出した。

ビフテキ??

何なのだ、その、えも言われぬ言葉が放つ美味そうなものは!ビフテキ・・・知らんが、とてつもなく美味そうだ。親父がわざわざ食わせるというくらいだから、美味いに違いない!そう思ったものだ。

そして食わせてもらったのが、でっかい牛の肉であった。

ぎょえーーー!!!すげえぞ!!はじめ人間ギャートルズのマンモスの肉みたいじゃないか!!

ほぼ初めて使うフォークとナイフ。

ひとくち食べた感動は忘れられないな。美味かったのなんの。

それまで肉と言えば、鶏肉かマトンかみたいな感じであった。当時牛肉なんぞ高くて滅多に食べられるしろものではなかった。

そんなだから、ワシにとって、牛ステーキは『ステーキ』ではなくて、やはり『ビフテキ』なのだ。

そうだ!ビフテキを食いに行こう!

福岡に創業35年を誇る『ビフテキ屋』がある。

その名も『ウエスタン』。

今では10店舗以上あるようだ。

しっかりと、ビフテキ屋を全面に押し出している。

ステーキ屋ではない。ビフテキ屋なのだ。

店に入ると堂々と牛が幅をきかせている。

そして、変なオッサンもいる。

ここのビフテキは超レアで出てくる。

あとは好みで鉄板に広げて、自分の好みの焼きをする感じである。

ただ、肉の注文量を多くしすぎると、肉を好みの焼き加減にする前に鉄板が冷えてくるので、要注意。

さて、まずは、麦ジュースでしょ!!

肉が焼きあがる前に、麦ジュースで喉を潤さなければならない。

この日、にわ子は残念ながら、アルコールが入っていない麦ジュース。

車の運転をかってでてくれた。感謝である。

麦ジュースを飲みながら待っていると、ほどなくして、ビフテキが運ばれてきた。

うんうん、これこれーー!!

ワシが頼んだのはビフテキサーロイン、にわ子はビフテキニューヨーク。

肉の量は4オンスから1ポンドまでお腹の具合に合わせてチョイスできる。

ちなみにこれは8オンス。およそ220gくらいだ。

黒板に書かれてある通り、かなりのレア状態で運ばれてくる。

少しよく焼きたい方は、すぐさま肉を鉄板に広げて、焼き焼き。

程よい焼き加減になったら、一気に口へと運ぶのだ。

見よ!この無駄にでかいニンジン様

ハイカロリー養成のために乗せられたガーリックバター。

まさにビフテキである。

ではいただくとするか。

ぱくり!

ジュン、ジュワーーー!!である!!

うめえよおーー!!美味い!!今ワシは肉を食っているぞ!という実感がある。

ニューヨークもサーロインも美味かったが、どちらかと言えば、ニューヨークの方がワシの好みかな。

肉肉しい感じで赤身の旨味が存分に発揮されている。

麦ジュースをもう一杯!!

美味いビフテキに至福の時を過ごしたのであった。うーーん、大満足!

本日もご覧いただき、有難うございました。

ステーキと言わずにビフテキって言うところがいいでしょ?さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事