思わず足をとめて見入ってしまう。

素焼きの人形が可愛らしい。

仕事の途中、とあるビルの中。

フロアのいっかくに展示されていたアートに目を奪われた。

『あかり絵の世界』と題されたそのアートは、優しさと郷愁に包まれ、人々の目を楽しませていた。

福岡市在住の造形作家、入江千春さんの作品。

素焼きで作られた人形たちが、昭和の世界を思い出させてくれる。

優しい『あかり』で表現された作品は、見ていると時間を忘れるようだ。

作品にはそれぞれ、博多弁で題名がついている。

「まちっとふーってしてんやい。」

どういう意味かわかるかな?

何となくわかる感じ?

「もう少し、ふーってしてごらん。」

っていう意味。

これなんぞ、昭和の正月風景をよく表現していると思わない?

なんだかとっても懐かしいような、あたたかくなるような。

郷愁を誘う『あかり絵』。

しばらく眺めていたかったが、時間がそれを許してくれなかった。

残念である。

興味のある方は、『あかり絵』でGoogle先生に聞いたら、ホームページがでてくるので、是非ご覧あれ。

まだまだ素敵なアートがたくさんあるぞ。

魚釣りとはまーーったっく関係ないが、素敵なアートに出会ったので紹介してみた。

どう??

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

たまにはこんなアートも良いでしょ?さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事