佐賀県唐津市沖に浮かぶ離島。魚釣りには魅力的な島である。

これは2014年6月の記録である。

イカで有名な佐賀県呼子にほど近い、名護屋漁港。

ここから”郵正丸”という定期船が発着する。

定期船の行き先は馬渡島(まだらじま)。

名護屋港からおよそ30分の船旅である。

馬渡島は人口500人ほどの島。

定期船が着く”大波止”、東側にある”東港”、西側にある”西港”と大きな港が三つある。

大人片道860円。

釣道具もしっかりと積める。

船室には座席とゴロ寝スペースがあり、30分の船旅はあっという間である。

このように、ゴロ寝スペースがあいていれば、爆睡である。

到着が近づくと

フォーーーーーーン

と汽笛が鳴るのでわかる。

その音で、飛び起きる。

寝ぼけまなこで下船準備開始。

ちょうどこの頃は、うきふかせ釣りにはまって初期のとき。

海に行けるだけで楽しかった。

まあ、今でも行けるだけで楽しいけど。

離島の海の色を見るだけで、期待感が湧いたものだ。

とにかく澄んでいる。

魚影も濃い。

確か、この頃は何でもできるように、エサに青虫も持っていっていた。

今でも記憶に残るのは、港について一発目。

簡単仕掛けに青虫をひっかけて、港にぶっこむと、いきなりでかい根魚が釣れたこと。

ビビッた!

たぶん、アコウか何かの幼魚であったと思うが、その時のにわ男には巨魚に見えた。

しかもそんな魚釣ったことがなかったので、やけに感動したことを覚えている。

そして、同日の日付で残っていた写真がこちら。

チヌをやっちまってたんだなあ!

そりゃあハマるわ。

あまりよくわかってない時期に、こんなのが釣れたらハマる。

どんどん海の魅力、釣りの魅力にとりつかれていった。

やばいパターンである。

このあたりから、天気が良ければどこかの海通いが始まったように思う。

ご愁傷様・・・・・。

いつも応援有難うございます。よろしければ応援のポチッとクリックをお願いします。
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事