下の『購読する』ボタンをクリックしていただくと、更新の通知をお届けできます。よろしくお願いいたします。もちろん無料です。(当たり前だろうがーー!)

的山大島釣行最終日

張り切って朝5時に起床

風情あるお宿に宿泊し、翌朝。

前日の貧果が悔しくて、早起きしてしまった。

5時に起床。

帰りのフェリーが午前11時であったので、その間、的山大島での最終釣行である。

外はまだ暗闇。

ゆっくりと準備をして、午前6時前に宿を出る。

『せの川』さん、お世話になりやした!

この日は時間もないことから、フェリーが発着する的山港で釣ることにする。

三時間と少々のお魚さんとの勝負である。

どうも様子がおかしい。

港について、まず感じたこと。

か・か・風が強えええーーー!

強風である。

こんな予報だったかなあ?

確かに海は多少うねるかな・・・という感じの予報ではあったが、こんなに強風とは。

ショアジギングのにわ子、ふかせ釣りのにわ男。

どちらもこれでは道糸が強力にふけて、魚のあたりがわからないのではないか?

それっくらいの風であった。

まあ、そうは言っても、あと三時間ほど。

ここで最後の勝負にでるしかない。

仕掛けを整え、釣り始める。

案の定、めちゃくちゃ釣り辛い。

仕掛けを投げる度に、すんごい、カーブ。

道糸は風にあおられ、ほとんど釣りにならない。

ここでちょっと心配になることが・・・。

にわ男
これって、フェリーでるのかなあ??大丈夫かあ??

そう、もしかしたらこれだけの強風なので、フェリーが欠航するのでは?という心配がふつふつと心の中で湧き上がる。

それは困る・・。

明日は仕事である。

ピンポンパンポ~ン♪

港に町内放送が流れる。

『フェリー大島からのお知らせです。』

『本日は時化のため、午前11時20分発の♬〇×※◇になります。』

え????

何々??

時化のため、何だって??

風の音にかき消されて、よく聞き取れない。

焦るにわ男。

もう一回、もう一回言ってーーーー!!

『本日は時化のため、平戸行は薄香港になります。』

と、とりあえず、船は出るわけね。

良かった~。

後で聞いた話。

時化でうねりが強い時は、平戸港航路ではなく、風の影響を受けにくい薄香港航路になるのだとか。

とにかく帰ることができるとわかり、ひと安心。

こんなやりとりをしている最中、妙な魚が釣れた。

何だ??

この赤い魚は。

形はベラだけど、胸鰭の部分が長~い髭状になっている。

初めて見る魚だ。

自分なりに調べてみると、おそらく『イトヒキベラ』だと思うのだが、どなたか、正式名称わかる方おるかなあ??

わかったら、是非ご教示を。

魚は結局・・・

持ち帰ることができるような魚はnothing!!さ。

強風もあったが、そのせいかどうかはわからないが、湾内にアジゴが大量発生。

釣果としては、撃沈・・・なのであった。

まあ、とにかく無事に帰りのフェリーに乗れたので、よかった、よかった。

無事に平戸の薄香港へ帰港。

薄香港へ到着し、帰路へ。

ふと、超~腹が減っていることに気づく。

何も食べていないし、釣りに一生懸命だったので、腹減ってたのすらわからなかった。

どこかいいところないかなあ・・・。

と思い、平戸大橋を渡り切ったあたりをウロウロしていると、素敵な文字を発見!

その名も『勝手丼』

何とそそられるネーミング。

なんのことかさっぱりわからんが、そこがまた興味をそそる。

これは食すしかない。

広い店内は満席。

運よくカウンターに座ることができたので、もちろん、勝手丼なるものを注文。

その勝手丼の意味がこちら。

見よ!この魚のボリューム!!

丼の上に、死ぬほど魚がのっている。

というか、ワシが勝手に好きなだけ数種類の刺身を丼にのっけたもの。

そう、つまりは、並んでいる数種類の刺身を、自分の好きなだけ勝手にのっけてちょうだい、というシステムの丼なのだ。

なんと幸せなシステム。

刺身の他にも

煮付けやサラダも好きなだけ。

但し、おかわり禁止なので、最初に後悔のないように、たっぷりととっておかねばならない。

超~満腹。

最高!!勝手丼!!

こうして、幸せ感満載のまま的山大島の釣行は幕を閉じたのであった。

願わくば、次回はもう少し釣果が欲しいなあ。

帰宅不能の危機を乗り越えた博多にわ男に応援の一票をポチッとクリックお願いいたします。
スポンサーリンク
おすすめの記事