秋に釣ったチヌはどのような食味か。

しっかりと調査せねばなるまい。

夏場に釣ったチヌは、正直、あまり美味しくはなかった。・・・。

特段不味いというわけでもなかったが、いまひとつ。

釣り場から自宅までライブウェルに活かして持って帰り、その場で締めて食してみたのだが、水っぽくて少々磯臭さがあり、5点満点でいうと、3点くらいの感じ。

今回は秋チヌである。

先日釣り上げたチヌを釣り場で血抜きをして、神経締めを施し持ち帰った。

体高もあり、丸っとした良い状態の魚体であった。

ウロコを丁寧にとり、さばく!

出刃さばきが冴える!!

血抜きをしておいたからか、とても綺麗な身がとれる。

おや???

これは、なかなか脂がのっているではないか。

てろてろの七色に光る脂が身に光る。

秋チヌ美味しいかもしれん。

ただ単に刺身にしたのでは、少々芸がないので、素人なりに工夫してみた。

ひと品目はそのままお刺身で。

ふた品目はチヌの身に梅肉と白髪ねぎを挟み込んでみた。

まずは刺身。

んんんんんん~。

こりゃあ、美味い!!脂の甘みと身の弾力がたまらん。

チヌってこんなに美味かったかなあ?と思うほど、臭みも全くなく、絶品。

続いて梅肉と白髪ねぎを挟み込んだやつ。

ひえええええ~。

これも美味いじゃあないか!

梅肉の酸味と塩分が丁度よい。

白髪ねぎの風味とシャキシャキの食感が、ねっとりとしたチヌの身とよく合う。

これまた絶品だぜ。

調子に乗ったワシは、さらにもうひと品を追加。

今度はチヌの冷しゃぶをつくってみた。

ネギにごま油と塩昆布を混ぜただけのたれを、さっと湯どおししたチヌの身にあえただけ。

なんとも素人的発想ではあるが、

うひょーーーーー!!

美味いじゃあないの!!

ごま油の風味と塩昆布の旨味と塩味が、湯通ししてさっぱり目になったチヌの身にまとわりつき、とっても美味だ。

必然的に、焼酎おかわり!

今回秋チヌを料理してみた結果。

この時期のチヌは腹の中にも脂がノリノリ。

もちろん個体差はあるとは思うが、夏のチヌとは比べ物にならないほど美味しかった。

食味は1点プラスの4点ですな。

しかし、同じ魚でも、時期によってこんなに食味が違うとは思わなかった。

すこし見直したぞ、おチヌ様

釣った魚をできるだけ先入観なしで食してみようと思います。本日も応援お願いします!!
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事