長崎県平戸市沖の二神島釣行の続編。

南風泊とマナイタ横の磯は大騒ぎ

南風泊で釣りを続ける博多にわ男チーム。

順調に根魚を仕留めてきたにわ子であったが、アタリも途絶え始めた。

また、ワシの方も相変わらずの食い渋りに苦しみ続けていた。

潮はゆっくりと右斜め手前に流れたり、ゆっくりと左斜め前方へ流れたりと安定しない。

そんな中でもアタリはある。

アタリはあるが、針がかりしないのだ。

しかも段々と睡魔が押し寄せてくる。

あんまり釣れないと、寝ちゃうぞ!!

と思っていたら

まずまずのイサキをゲット。

このタナにイサキがいるの?

と思うほど浮いていた。

もしかしたら、クロはもっともっと浮いているかもしれない。

そう思い、タナを思い切ってヒトヒロとほんの少しにしてみた。

そうしたところ!!

ガツッーーーーン!!

強烈なひったくるアタリ!!

強めの2号竿、道糸2.5号、ハリス2.5号の強いタックル。

負けじと対応する。

きつめに設定していたドラグがジリジリと出て止まらない。

なんやこのバケモノは。

全然止まってくれんやないかあ。

必死に耐えるにわ男。

お魚さんごときに負けるわけにはいかぬ。

このままでは手前のシモリにこすれる・・・。

いや・・・、すでに擦っている・・・!!

ヤバイ・・・

そう思った瞬間、プッツーーーーン・・・・。

ハリスが切れた。

切れたよおおおおおお!!!!

せめて、せめてお姿だけでも見たかった。

ガビーンである。

その頃、炎のダイワマン氏達にも事件は起きていた。

マナイタ横の磯からはヒラマサの群れが見えていた。

ここで、赤い走り屋さんは秘かに闘志を燃やしていたのだ。

そう、俺にはこれがある!

必殺のドリフト釣法だ。

こっそりと強力タックルを準備していた赤い走り屋さん。

ボイルをパラパラ撒きし、針にはボイルのみを刺す、完全ふかせ。

狙いは的中する。

ドリフトしながらも、巧みに竿を操る赤い走り屋さん。

ヒラマサがボイルを食う!

素早いハンドルさばき、いや、竿さばきで対応する。

熱闘の末、見事にヒラマサを釣り上げる。

やりますなあ、走り屋のハンドル・・いや竿さばきは素晴らしい!

しかも綺麗な魚体。

さぞや美味しいに違いない。

ホントに豊かな海なんだな。

しかし、このあと、更に海の豊かさを実感することになる。

さらなるドタバタ劇が待っていたのさ。

知りたい??

編集がおっつかないので、次回に勘弁してちょ。

いつもご覧いただいている皆さま、そして初めて訪問してくださった方、有難うございます。

ブログランキングに参加したりしております。もし少しお時間がありましたら、ポチッと応援のクリックをしていただくと、少しだけ順位が上がるかもしれません。よろしくお願いします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ


にほんブログ村


<a style=

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事