二神島の磯『南風泊』と『マナイタ横』

大爆釣とまではいかないものの豊かな海を実感

午後2時、納竿である。

とりあえず美味しく魚をいただくために、釣った魚の血抜きを行い、神経を締める。

楽しい釣行であった。

我々がのった磯には、入れ替わりで磯泊まりの釣り人が。

夜グロを狙うそうである。

夜グロは浅ダナで食ってくるらしい。

40オーバーは普通に期待できるとのこと。

頑張って!!

さあ、釣果じゃ。

釣果の発表となれば・・・

にわ子のドヤ顔が目に浮かぶ・・・。

あれだけの大きな魚を釣られてしまってはぐうの音も出ない。

少々しゃくではあるが、発表しよう!

にわ男の釣果:30~35cmのクロを3尾

       同じく30~35cmのイサキを3尾

以上である。

クロは30cm未満はリリース。(ふとっぱら~!!)

あ、そうそう。

釣っている最中に、ウキに明確なアタリはあるものの、針がかりしない状態が長く続いたのだが、納竿の時にその大きな原因が分かったのさ。

ナ・ナ・何とである。

ワシはB負荷のウキに落としオモリにBのガン玉、ハリスの真ん中にG5のジンタンをつけて釣っていたつもりであった。

ところが、納竿の際にウキを見ると・・・

3Bのウキをつけてずっと釣っていたのだ!

3Bの負荷があるウキにBの落としオモリしか付けていなかったのだから、そりゃあ食い渋るはずだ。

お魚さんにとっては、大きな違和感になっていたに違いない。

アホなことしてしもうた・・・。

でも、逆に考えれば、よくこのでたらめな仕掛けで釣れたよな・・・。

ほんで

にわ子の釣果:アコウ1尾

       アカハタ1尾

       そして何といっても大物賞のヒラスズキ1尾

完全、完敗である。

立派な魚体である。

炎のダイワマン氏も良型のクロを釣り上げていたようだ。

流石である。

そして赤い走り屋さんも負けてはいない。

クーラーからはみ出すヒラマサ。

さぞや美味しかろ~や~。

このあと、豊かな海に感謝しつつ、お魚さんたちをいただいた。

美味かったぞおお!

いつもご覧いただいている読者の皆さん、有難うございます。よろしければ応援のクリックをお願いいたします!!

下のボタンをクリックしていただけますと、応援ポイントが入ります。ただそれだけのことですが、にわ男にとっては編集の気合に変わります。是非お願いしまっす!!

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ


にほんブログ村


磯釣りランキング

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事