前回に引き続き、オリーブ畑でのお手伝い。

西田敏行さんの番組「人生の楽園」はまだまだ遠い。

さあ、いよいよオリーブ畑での作業である。

ワシはいつも握っている竿を、鍬に持ちかえて、木の植え替え作業に入る。

どういう理由かは不明であるが、樹勢の弱い木がある。

こいつをできるだけ日当たりの良い場所に移すのだ。

樹勢の弱い木の根を掘り起こし、日当たりの良い場所に穴を掘り、そこへ植える。

これの繰り返し作業だ。

ふだん運動不足のワシは、すぐに腰が痛くなる。

他のメンバーは・・・・・

元気だ。

普段からきちんと運動してるんだろうなあ・・・。

偉い・・・。

理事長はワシより先輩であるが、ワシよりもはるかに体力がある。

スゴイ・・・。

M博士は頭が良いうえに体力もある。

しかも悔しいことに、このうえ、男前ときたもんだ。

天は彼に三物も与えた。

不公平である。

二人とも一生懸命に植えかえの為の穴を掘っていた。

おやおや~ん???

楽園の住人、Sさんは何を考えてるのかなあ??

そう、なにを隠そう、Sさんは田舎暮らしに猛烈に憧れているのである。

ゆくゆくは西田敏行さんの番組『人生の楽園』に出演するのだと、本気で思っている。

Sさん・・・

田舎は厳しいとばい・・・

コンビニもなけりゃ、明かりすらないとですばい・・・。

大丈夫??

そんなSさんを横目に、穴を掘り続ける理事長とM博士。

ええっと・・・

???米職人のEさんは??

あ、いた・・。

米職人のEさんは、実家が米農家。

自らもコンバインを操る米職人でありながら、普段は家具を売っている、とてもミステリアスな男である。

こっそりとオリーブ畑をやろうかと考えていたが、そこは楽園の住人Sさんが目を光らせている。

抜け駆けは許さないのである。

どうあっても人生の楽園に出るつもりらしい。

こらこら、Sさん。

人生の楽園に出ようって人が、最初に金勘定したらあかんやろ。

もっとロマンチックに生きなきゃ。

でないと、田舎暮らしを満喫することはできませんぜ。

こうして、植え替え作業を終えた我々は、少しだけオリーブのおすそ分けをいただいた。

わずかな作業時間であったが、我々がお手伝いしたオリーブの木が、元気に大きく育つことを願うばかりである。

そして、いつの日か、Sさんが人生の楽園へ出演し、素晴らしきスローライフ手に入れる日を願う。

アグリの会のみなさん、お疲れ様~。

ちなみに、持って帰ったオリーブを、皆さん、塩漬けにしているようである。

3か月ほどで食べられるとか・・・。

果たしてお味はどうかな??

本日もご訪問いただいた皆さま、本当に有難うございます。

Sさんが将来、人生の楽園なる番組に登場することを願っております。また、当ブログはブログランキングに参加しておりまして、皆様の応援に支えられております。いつも応援くださっている皆さまに感謝しつつ、本日もよろしければ下記のボタンをクリックして応援していただけますと幸いです。よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事