長崎県は佐世保市。初めての磯へ挑戦だ!!

新たな磯場を求めて、佐世保市へやってきた。

とある日、炎のダイワマン氏との会話。

炎のダイワマン
今週、米水津くらい行ってみるかあ。
にわ男
米水津遠いっすもんねえ。どこか近くていいところないですかあ?

そんな会話をしていると、以前五島釣行に同行させていただいた、H氏が

「佐世保の三平丸とかいいんじゃない?」

というアドバイスが。

「片島のハナレなんかがいいらしいよ。」

とのこと。

H氏はあらゆるエリアの釣りに精通している。有難い。

と、

そんなこんなで、新天地を求めて長崎県は佐世保エリアで磯釣りをすることになった。

参加メンバーは

炎のダイワマン氏(ダイワをこよなく愛する男)

Mr.シマラー氏(頭から足のつまさきまで、シマノウエアをバッチリ着こなす男)

赤い走り屋氏(車を買い替え走り屋ではなくなってしまった・・男)

さすらいの上物師W氏(いつもブログに登場していただいている伊賀者忍者)

そして

博多にわ男とにわ子の総勢6名である。

早朝4時30分。佐世保市の相浦港に集合!

出船は午前5時。

30分前に港へ集合である。

荷物を船着き場におろし、ご挨拶。

「おはようございまーす。」

そこへMr,シマラー氏が登場。

にわ男
おはよう・・・ござ・・います・・・。スーツ??スーツで釣るんっすか?いけてますよ!!

って、そんなわけはない。

ビジネスに超多忙なMr.シマラー氏は遠方より直行で港に来たのだ。

お疲れさまっす。

残念ながらMr.シマラー氏はいつものように、ビシッと上から下までシマノウエアに着替えてしまった。

残念である・・・

スーツ姿で釣りをしていただけば、動画を撮ったのに・・・。

タイトルも決まっていた。

『磯釣りの新星現る!これぞ新時代の磯釣りだ!!』

これでユーチューブに投稿したかった・・・。残念である。

再生回数100万回は夢に終わった。

午前5時、相浦港を出港。

今回お世話になったのは『三平丸』さん。

元気のよい船長だ。

船長
おはよーございまーす!皆さーん、今日は風が強い予報ですが、元気に3時くらいまで頑張りましょーー!!

元気ハツラツ、オロナミンCである。

それにしても

風が強いって・・・そんな予報だったかなあ・・・。

ま、雨じゃないし、いいっかあ。(ところがこれが後々我々を苦しめることになる)

いよいよ磯にあがる!

我々6名は3名ずつに分かれ、磯にあがった。

博多にわ男、にわ子、そしてW氏は『ガニ瀬の中の瀬』?(実はよく聞き取れなかったのであってるかどうかわからん・・・)に。炎のダイワマン氏一行は『ガニ瀬本島』(これも正確かどうかわからん)にあがる。

磯に荷揚げした時

???

こ・こ・これは・・・

すでに爆風やないかーーーい!!

北からの冷たい爆風が我々にうちつける。

超~寒い。

日が昇るまで、まだ1時間以上ある。

我々は冷たい磯に腰をおろし、丸まりながら、北風爆風の洗礼を受け続けた。

日が昇っても爆風はおさまらない。

これはきっと

仕事が多忙であったために、同行できなかった爆風を呼ぶ男、風神様の祟りではないのか。

きっとそうだ。

ごめんなさい、風神様。

風神様が仕事中に我々だけ磯にあがったので、お怒りなのですね。

どうぞお許しを。

しかし、風神様は許してはくれなかった。

風は弱まることなっく、強まる一方。

完全防寒のにわ子も、この風にはお手上げである。

とにかく強烈な北風は、容赦なく体温を奪う。

この過酷な佐世保釣行、さあて・・・どうなることやら・・・。

本日もご覧いただき、誠に有難うございます。

こんなに風が強くなるとは思いませんでした。寒いし、釣りづらいし・・・。まあ、これも自然ですから、仕方ないですね。実釣の様子は編集完了次第アップします。下のボタンをクリックしていただき、応援していただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事