長崎県佐世保市の釣行続編。

海の様子もおかしいが、ワシの様子もおかしい。

まず白状しておこう。

ワシは今、完全に酔っている。

この酩酊状態で、パソコンのキーボードをたたいているワシは素晴らしい!

まあ、

そんなことはさておき、佐世保釣行の続きである。

北風の強風が吹きすさぶ中、実釣開始である。

実釣を開始したものの、どうも海の様子に違和感を感じる。

それは同じ磯にあがった、W氏、そしてにわ子も感じていた。

足元にうつ撒き餌に、エサ取りが寄り付いていない。

というより、魚の気配すら無い。

寒気のせいなのか、潮の状態が不安定なのか、理由は定かではないが、とにかく魚っ気が全く感じられない。

そんな違和感を感じながらも、皆、仕掛けを海に投入し続ける。

しかし・・・

魚が釣れないどころか

まともなアタリが一度も訪れない。

さすがの伊賀者忍者、W氏も困惑気味である。

浅いタナでも深いタナでも、魚の気配が感じられない。

なすすべナシとはこのことである。

空を優雅に飛ぶ鳶すら、エサに窮している様子。

そんなどうしようもない状況の中、炎のダイワマン氏から入電。

炎のダイワマン
そっちはどげんねえ?釣れよるかね?
にわ男
全然ダメっすよ。魚の気配が全くないっす。そっちの磯はどうっすかあ?

電話を入れてきた炎のダイワマン氏。

このとき

実はビッグフィッシュを手にしていた。

釣ってるやーん!

こちらは全員苦戦し、悩んでいるというのに、でかいチヌを釣ってるし~。

さすが

燃えているだけのことはある。

この後も炎のダイワマン氏は真鯛を釣り上げる。

魚の種類も変わって、デカくなっとるし!!

いったいどんな技を使ったんだろう・・・。

とにもかくにも、炎のダイワマンは絶好調なのである。

一方

博多にわ男、にわ子、W氏のチームはというと、全く魚からのコンタクトはなし。

全員、諦めムード。

厳しい状況を、どうやって打破するか・・・。

この後

博多にわ男とW氏、そして博多にわ子は魚と出会うことができるのか。

冒頭にも記したが

現在、博多にわ男は酔っているため、本日はこれが限界である。

次回は酔っていない状態で編集を頑張るので、今日はこんな感じでご容赦を。

それでは

おやすみ・・・。

酔っぱらいの記事にお付き合いいただき、有難うございます。

酔いと睡魔ですでに限界です。まともな記事が書けているかどうかさえ定かではありません。ご容赦ください。さて釣好大全九州ではブログランキングなるものに参加させていただいております。よろしければ下記のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事