長崎県は佐世保市、相浦沖のガニ瀬釣行の続きだよ~。

ほぼ心が折れる博多にわ男

ワシの頭には『ボウズ』という文字がくっきりと浮かんでいた。

何もお持ち帰りがなければ、どこか魚市場みたいなとこに寄って帰るかな。

刺身になりそうな魚でも買って・・・

釣師としては禁じ手が脳裏に浮かぶ。

それにしても、この強風の中、釣り人は海を求めるんだな。

どこの磯も満員御礼である。

もう~、みんな、好きねえ~。

ワシもそのうちの一人であるが。

Mr.シマラー氏と赤い走り屋氏の様子をちょいとチラ見。

楽しそうに釣ってはいるものの、やはり状況は厳しいようだ。

本命のアタリは遠い。

そんな中、ひとり余裕をかましているのが炎のダイワマン氏である。

右手のグッドマークが心の余裕を物語っている。

いいなあ・・・。

段々と納竿の時刻が近づいてくる。

パワーゲージでいうと、ワシの残パワーは10%ほどしかない。

納竿まで2時間ほどになったとき、ワシの心はほぼ折れていた。

ふて寝じゃあ、ふて寝。

船が迎えにくるまで、寝とくんじゃあ!

駄々をこねる子供になっていた。

磯際から沖目の遠投、タナもヒトヒロ半から竿1本半ほどまで、ありとあらゆるポイントを探った。

しかし、無反応。

そりゃあ、駄々もこねるさ。

ただ、この時、ひとつだけ心残りがあった。

一箇所だけ探っていないポイントがあった。

そこは左側のワンド上の先の超磯際の箇所。

潮も流れておらず、どうせあそこに投げてもベラくらいしかかないだろうなあと思い、checkしていなかった。

そうだ、そこをcheckして、駄目だったら完全にあきらめよう。

もう一度立ち上がるべく、最後の気力をふりしぼる。

タナをふたヒロほどに調整し、checkしていなかった左側の超磯際に仕掛けを投入する。

潮は全く流れていない。

やはり、駄目かな・・・

そう思ったとき、ウキに微かな反応が。

おや???

と思った瞬間、ズドン!!

ま・まじか!!

心の準備が・・・。

ましてや、超磯際。魚は磯際の底へ走る。

やばい。

ラインが切れるパターンや。

竿を沖に突き出し、魚を磯際からなんとか離す。

とれるかも・・・。

とれたーー!!

意地の1尾。

誰だ??ホントはあきらめてたくせに~とか言ってる人は。

しかし

これで帰りに魚市場に寄らずにすむ。

まあほとんど、ラッキーあたりとはいえ、この1尾はメチャ嬉しい。

この日ワシが釣ったのは、これだけ。

本当に厳しい釣りだった。

まあ、でも刺身が食えるから、満足っす。

本日もご覧いただき、誠に有難うございました。

久しぶりにまともな魚を釣った博多にわ男でした。ただし、1尾だけですけどね。自然相手の遊びは難しいっすねえ。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。皆さまの応援は糧です。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援のほど、よろしくお願い申し上げます。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事