苺の苗ってどうやってできるのか知ってる?

これがけっこう重労働。

ワシとにわ子は、現在強烈な筋肉痛に襲われている。

立ち上がる時には、太ももの裏側と股関節あたりに「痛たたた・・・・。」という具合に、痛みが走り、まるで壊れたロボットのような動きに。

情けない・・・とは思うものの、どうしようもない。

何でこのような状態に陥っているかというと

農作業のせい。

にわ男の実家では苺の『あまおう』を作っている。

その『あまおう』はこの時期から冬に収穫するために、苗づくりが始まるのだ。

皆さんは苺の苗がどうやって出来ているか、見たことあるかな?

種を植えているわけではないのだ。

親苗から伸びている『ツル状』のものがある。ランナーと呼ばれるものだが、このランナーが地面を這い、そこに小さな苗の子供ができる。

その小さな苗の子供を育てて、苺の苗として成長させるのである。

そして、この時期にはある程度育った苗を、ポットという容器に入れて、苗棚に移し替え、さらに苗として成長させるための作業を行う。

この移し替えの作業がけっこうな重労働だ。

地面にある苗をひとつひとつ取り出すのだが、座ったり立ったりの繰り返しで、まるでスクワットをしているような感じ。さらに中腰の状態が長く続くため、腰にくる。

こういう作業で、ワシらの足と腰はダメージ満タン。

かな~り、辛い状態にある。

週末だけで移動させた苗の数、1万株以上・・・。

総勢8名の人手。

その中には

久しぶりの登場、博多にわ美もいる。

えらいねえ。ちゃんとお手伝いして。

何でも、ゲームのソフトを餌にされ、お手伝いをしてるらしい。

可愛いじゃないの!

ほんでもって、こちらが餌をぶらさげた、にわ美パパさん。

ワシの義理の弟である。

お手伝いしていただき、感謝だ。

ほぼほぼ完了時点での風景。

この時、既に全員ぐったりの状態。

丸二日をかけて作業を完了させた。

日が昇り仕事を始め、疲れたら休み、夕刻まで働く。

シンドイけれど、人としての生活として考えると、とても良い生活だ。

ワシらの筋肉痛とひきかえに育つ『あまおう』。

12月のクリスマスの時期には出荷が始まる。

主に関東関西に向けて出荷されるようなので、もしかすると、ワシらが育てた『あまおう』が、訪問いただいている読者の皆様に届いているかもしれない。

福岡県産 あまおう ゴロっと5粒 ロールケーキ 1本 新杵堂 博多シティロマン お取り寄せ いちご スイーツ 洋菓子 ギフト お土産

価格:2,000円
(2020/6/22 20:39時点)
感想(3件)

お中元 ギフト アイス アイスクリーム 博多あまおうのこだわりアイス(10個)(送料無料)(メーカー直送)(包装紙/メッセージカード・代引き購入利用不可)

価格:4,320円
(2020/6/22 20:39時点)
感想(0件)

本日もご覧いただき、有難うございました。

慣れない作業でかなりの筋肉痛です。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事