固形燃料でほぼほったらかし料理。

炊飯。

まずはメスティンで米を炊いてみよう。

動画や他のブロガーさんの記事を見ると、米1合に対して水の分量は200ccとしていることが多いのだが、ワシの場合はそれだと米が少々硬く炊けてしまうので、米1合に対して250ccの水をメスティンに投入する。

もちろん、前回の記事で紹介したクッキングペーパーを敷いて投入。

そしてそのままおよそ30分~1時間ほどおいておく。

米に十分吸水させたら、いよいよ米を炊くのだ。

ストーブ(燃料を乗せる台)にセリア(100円均一)で購入した25gの固形燃料を乗せて着火。

この時点でワクワクするばい!!

メスティンを乗せたらあとは固形燃料の火が消えるまでほったらかし~。

面倒くさがりやにはもってこいである。

今回は白米とタコ飯で炊飯。

タコ飯のほうは、吸水させた米にタコのぶつ切り、顆粒の出汁、白出汁と醤油を少々加えて炊いてみた。

おお!!

この炎を見ているだけで飽きないぞ。

これは大人の火遊びだな。

火が消えたら、メスティンの上下をひっくり返して、タオルなどでくるんで15分~30分ほど蒸らそう。

おかずは『なんちゃってダッカルビ』。

ご飯もほったらかしなのだから、おかずも当然ほったらかしメニュー。

その名も『なんちゃってダッカルビ』。

なんちゃってとは、なんちゃってである。お察しくだされ。

クッキングペーパーを敷いたメスティンに、ごま油を回し、エリンギ、玉葱、鶏肉、しめじの順に詰めていく。

そのうえに、タレ(コチジャン大さじ2、酒大さじ2、醤油大さじ1、しょうがとニンニクのすりおろし小さじ1、パルスイート小さじ1を混ぜたもの)を適量かけて火にかけるだけ。

固形燃料はまたまた、セリアで買った25gのもの。

着火してメスティンを乗せるだけ。

ただ、途中で(10分後くらい)一度だけフタを開けて、スライスチーズとマヨネーズを中に投入する。

あとは再びフタをして火が消えるまでほったらかし。

火が消えたら、韓国唐辛子(粗挽き唐辛子)をふって、完成である。

完成したほったらかし料理がこちら!

メスティンに具材や米を投入し、火加減など気にせずに、ほぼほったらかしで調理した完成品がこちらだ。

美味そうじゃろ~。

これが実際に、バリうま~!!

米は正直、電気炊飯器で炊いた米よりも美味いかもしれない。もっちりと炊けていて、粒が一粒一粒しっかりしている。

ま、うちの炊飯器があまり上等なものではないせいかもしれんが・・・(笑)。

タコ飯はタコの出汁がしっかりご飯に浸透して、香り豊かなタコ飯に仕上がった。

なんちゃってダッカルビは・・・

これまたバリうま~!

辛さの中に玉葱やキノコの旨味があって、鶏肉もふんわりと仕上がっている。

食欲がわくひと品である。

そしてここが重要ポイント。

美味しく感謝しながらいただいたあと、クッキングペーパーを敷いた効果がどの程度あるのかを検証。

まずはなんちゃってダッカルビ。

おおお!!

ほぼ汚れていないぞ。しかも焦げなどは一切ついていない。

これならば実際にキャンプや車中泊をしたときは、さっと水洗いして拭き上げるだけで大丈夫そうだ。

続いてご飯のほうは・・・

おおお!!おおおおおお!!

これまた素晴らしい効果。ほぼ汚れていない。

ここまで綺麗ならば、後片付けもさほど苦にせずにできるな。

ふむふむ。

これは思った以上の成果である。

手間があまりかからずに、かつ、後片付けも楽とあっては完全に合格点!

満足のいく検証であった。

ご馳走様!!

本日もご覧いただき、有難うございました。

なかなか満足でした。超簡単でしょ^^さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村


スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事