Lemoned Raymond 

佐世保港を見渡せる店内

竿がボキ折れた釣行。

暴走族に安眠を妨害された車中泊。

なかなか運に見放されたプチ旅であったが、最後は何か美味いもので旅を〆たいものだな。

ということで、佐世保のB級グルメを求めた。

佐世保といえば、佐世保バーガーが有名だが、そのほかにもレモンステーキがある。

米軍基地があるだけに、『肉系』だな。

ハンバーガーって気分でもなかったので、レモンステーキのお店を検査していると『Lemoned Raymond』(レモンド レイモンド)なるお店に目が行った。

店名がめちゃくちゃ気になる・・・。

おそらくレイモンドさんがオーナーをしている店なんだろうけど、アメリカのドラマ『ブラックリスト』に登場する主人公のひとり、『レイモンド レディントン』に似てないか??

ブラックリストからパクッてるのか??

ブラックリストファンのワシとしては、この店に行かざるを得ない。決定である。

お店は佐世保港を一望できる、とても良い場所にある。

店内に案内されると、シェフ?なのかよくわからないが、外国人のシェフ風の男性が注文を聞きにきた。

おおお!!

もしかして、君がレイモンドさんなのか?

と気になったが、どうやら片言の日本語しか通じないようなので、聞けなかかった・・・。

「コレ・・オイシイ。セット・・ドリンク・・フリーねえ。」

とか何とか言うもんだから、ついついワシも

にわ男
オオー、ソシタラ・・・コレね~。

と何故か片言の日本語で注文してしまった・・・。典型的な英語ダメ人間・・・。

運ばれてきたレモンステーキ。

何のことはないのだが。

薄切りのステーキ肉に、ステーキのタレ、そしてレモン汁とレモンの輪切りがのっかってるというだけのことなのだが、これが美味いんだな。

口の中がレモンの爽やかな酸味で包まれるもんだから、いくらでも食べられそうな感じになる。

味に対するお客さんの反応が気になるのか、レイモンドさん(ワシが勝手にそう思っているだけだが)が感想を聞きに来る。

「オイシイ?ドウ?・・・デスカ??」

ちゃんとお客さんの反応を確かめるあたり、やるではないか、レイモンドさん。

美味いよ!美味い。レイモンドさん。

まあ、最終的に彼が本当にレイモンドさんなのかどうかはわからないままであったが、美味しい肉であった。

気になることがある!

美味しい肉を堪能できたので、満足の食事でプチ旅を〆ることができたのであるが、ひとつ気になることがある。

レモンステーキの写真を撮っていたにわ子のスマホ。

いや正確に言えばスマホケースだな。

チャムスのスマホケースじゃねえかあーー!!

いつの間にそんな可愛いやつを手に入れたのだ!!

ワシの知らない間に、こっそりと可愛いチャムスのスマホケースをゲットしていたにわ子。

自慢気にワシに見せてくる。

ところでワシの分は???

ない・・ないんかーーい!!

こうして、佐世保のプチ旅は終えた・・・。

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

あの外人さんがレイモンドだんだったのか・・・気になるなあ(笑)。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ、下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事