長崎県『阿値賀島』釣行の続編。

一投目からイサキが。

阿値賀島釣行はいよいよ実釣へ。

ワシはいつものふかせ釣りで、クロ狙い。

お刺身サイズのクロが釣りてえなあ。

頼むぜ!阿値賀の海よ!

一投目。

磯際に撒餌をうち、その竿一本先に仕掛けを投入。

今回、ワシはクロが浮いていると考え、0号のウキにウキ止めなしの全層仕掛けでのぞんだ。

すると仕掛けを投入後間もなく、ラインが走る。

合わせをいれると、小気味よい引き。

あがってきたのは20cmほどの小さなイサキ。

えええーー!!

こんな浅いところにイサキがいるのか??

そう思いながら、2投目、3投目。

やはり同じようなサイズのイサキが食ってくる。

小さなイサキの入れ食い状態である。

これがあと15cm大きければ、喜んで持って帰るのだが、このサイズでは少し小さい。

しかもこのタナでイサキが食うということは、クロはどこにいるのだ??

仕掛けの投入点を変えながらクロの居場所を探るが、どこを釣っても小さいイサキばかり。

さらに磯際ぎりぎりを狙って仕掛けを入れると、こいつが釣れてくる。

ベラだ。

しかし、阿値賀島のベラ・・・でかいな・・・。

さきほどから釣れ続けるイサキよりもでかい・・・。

こんなんじゃあ、嫌だあーー!!

ワシは、ワシはクロが釣りたいんじゃああ!!

磯の上で駄々をこねたくなったぞ。

一瞬の潮流の変化に、釣りの神様降臨。

小さなイサキに苦戦をしていると、潮の流れに変化が。

満潮から下げの潮に変わると、潮の流れが変わり始めた。

すると・・・

釣りの神様が降臨。

ラインがバシバシっと走り、今までとは明らかに異なる引き!

これは・・・もしかして・・・

つ、ついにやったばい!

釣りたかった、念願のクロだ。しかもオナガ。30cmを少し超えるサイズだ。

やればできるじゃないか、にわ男!

うんうん、できる子だと思ってたぞ。

まさに時合である。

この時合を逃してはならない。

その後、同じようなサイズのクロを数尾追加。

しかし、この時合もあっという間に終わってしまう。

また朝一番と同じように、イサキ地獄へ逆戻り。

釣っても釣っても、小さなイサキ。

期待のスーパーにわ子は?

いつになく気合が入っていたにわ子はどうだ?

期待できると思うのだが。

おやおや・・・

どうもよろしくないな・・・。

完全に釣れないオーラに覆われている。

ま、とりあえず、4,5尾のクロは釣れたので、これで良しとするか・・・。

とはいえ、船が迎えにくるまで、まだかなり時間がある・・・。

さてさて、どうするかな。

次回は実釣の後半の様子をお届けするぞ。

起死回生の何かが起きるか・・・どうか・・・。

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

クロの時合は一瞬で終わり、にわ子も全く釣れていない状況。さて、どうなりますか・・・。釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事