久方ぶりの阿値賀島の磯に大興奮。

美しい海に燃える、にわ男とにわ子。

久しぶりだあ~!

長崎県は平戸沖の『阿値賀島(あじかじま)』で魚釣りだぞ。

お世話になる渡船は

いつもお馴染み、浜本釣りセンターさん。

午前5時30分の出船である。

夜明け前に磯にあがり、明るくなるまで磯の上でのんびりとコーヒータイム。

空には満点の星空だ。

波が打ち寄せる音を聞きながら、星を眺めてのコーヒータイムは贅沢時間。

釣りをしない方でも、この時間に触れたら、やみつきになるぞ。

さあ、明るくなってきたので準備開始。

釣るぞ!!

おおお!!

ワシも燃えとるが、にわ子はもっと燃えとるなあ。

久ぶりにスーバーにわ子に変身しとるやないか!!

恐ろしい。

このスーパーにわ子に変身したときのにわ子は、何かを起こす。

下阿値賀島の磯。

今回あがった磯は、阿値賀島の中の下阿値賀島の磯。

下阿値賀島の北側に位置する磯で、上阿値賀島との水道に位置する。

写真に写っているのが上阿値賀島。

美しい海でしょ。

いつまでもこういう美しいところは、このまま残って欲しいものである。

さっそくワシは撒餌を磯際にうってみる。

ワラワラと餌取が集まってくるが、餌取の影がでかい。

何だろうと思い、よ~く観察してみると、ハコフグの群れである。

でかいなあ~。

にわ子は???

おいおい、大丈夫か??

なかなかの崖地を這いつくばっているじゃないか。

相変わらずアクティブである。

落ちるなよ・・・。

潮の流れはなかなか複雑である。

となりの離れ磯との水道筋から強い本流が流れ、それにひかれる潮やぶつかる潮で、その流れは刻一刻と変化する。

とにかく潮は流れているので、魚の気配は濃厚だ。

ま、いつも磯にあがった瞬間は釣れるとしか思っていないのだがな。

その期待が爆発するのか、消え去っていくのかは、全くわかりましぇーーん。

さあ

どうなるか。

燃える二人の釣り師の釣果やいかに。

次回は実釣の様子をお届けするばーーーい!

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

久しぶりに阿値賀島に行ってきました。毎回思いますが、素晴らしい島です。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事