久しぶりの釣り懇親会。車中泊で現地入り。

懇親会の戦場は宮崎県延岡市北浦。

久しぶりに釣りの大遠征である。

炎のダイワマン氏、Mr.シマラー氏、風神様、博多にわ子、そして博多にわ男の合計5名による、ひさしぶりの釣り懇親会だ。

決戦の地は宮崎県延岡市の北浦。

福岡からは九州自動車道から大分自動車道を通り、そして東九州自動車道を通っての長距離遠征になる。

途中、大分県の玖珠を通過中にUMA(ユーマ)に遭遇。

鬼ってやはり全国一律に虎柄パンツをはいてるんだな・・・。

鬼~のパンツはいいパンツ~♬

強いぞ~♬

強いぞ~♬

百年はいても破れない~♬

なんて歌があったのを思い出した。強いぞ~♬ガハハハ!!

湯布院はいつ通っても綺麗なところだなあ。

温泉場としても有名だが、湯布院の大自然は絶景ぞろいなんだぞ。

途中、佐伯インターで下車。

大分自動車道から東九州道へ入り、そのまま北浦までは高速で行けるのだが、途中佐伯インターで降りる。

釣り餌と食料調達のためだ。

佐伯インターを降りるとすぐに商業施設のエリアが広がる。

その中のスーパーに入り、車中飯の材料調達。

大分の佐伯まで来たのだから、豊後水道の魚を食べたいということで、鮮魚売場へ。

ま・ま・マジですか!!

凄い!!

普通のスーパーなのに、魚市場近くの魚屋さんのような魚の品ぞろえ!!

見るからに新鮮な魚が切り身やブロック販売はもちろんのこと、まるっと1尾売りされている。

恐るべし、佐伯市。

『かぼす鰤』『美人鰤』はご存じ??

その中でも堂々と光を放っていたのが、『かぼす鰤』『美人鰤』といったブランド鰤だ。

最近の養殖技術はすごい。天然ものよりもはるかに美味いとワシは思う。

かぼす鰤は、餌にかぼす果汁やかぼすの皮を混ぜ込んで育てられた鰤。

かぼすに含まれるリモネンという香り成分が、鰤の身に含まれるさわやかな鰤である。

味覚や嗅覚がするどい方は「かすかにかぼすの香りがする。」というが、正直ワシにはわからんかった(笑)。

また、かぼすを餌に混ぜることで、血合い部分の変色が抑えられるのだそう。

鮮度の良い状態が長く続くってことだな。

一方、『美人鰤』のほうは、餌に酒粕を混ぜて育てる。

ある研究の数値によると、一般の鰤と比べて旨味成分であるグルタミン酸が2倍も含まれるのだとか。

そりゃあ、美味いに決まっとる!

かぼす鰤は以前食べたことがあるので、今回は美人鰤の背身のブロックを購入。

これがまた安い!!感覚的には半額くらいのイメージである。

佐伯市のスーパーマーケットの鮮魚は凄いぞ。

安くて新鮮で美味い魚が、いとも簡単に入手できる。

この他にも、カンパチやカツオなど、目移りしそうな鮮魚が目白押しなのだ!!

大分は釣り餌も安い!

スーパーで食料調達を終え、次は釣り餌。

佐伯市には24時間営業の釣具店がインター近くにある。

『エトウ釣り具店』。

電話で事前におよその到着時間を伝えておけば、沖アミなどを解凍しておいてくれる。

餌混ぜもここでできるので、釣り人には有難い。しかも24時間営業ときたもんだ。

しかも餌が安い!!

集魚剤なんかは福岡に比べると1~2割くらい安い感じかな。

沖アミにいたては、3割くらい安いと思う。

大分のどこの店もこんなに安いのかどうかはわからんが、いつもここで購入すると、安くていいなあ大分はと思ってしまう。

エトウ釣具店の情報をのっけておくので、大分に釣り遠征に行くときには利用すると良い。

『エトウ釣具店』

  大分県佐伯市池船町17-26

  電話:0972-23-6007

佐伯から北浦までは20分くらい。

さて、食料と釣り餌の調達が終えたので、あとは現地入りするだけ。

この日は車中泊である。

佐伯から北浦までは高速で20分くらいかな。

わりと近い。

しかも渡船が出港する港は北浦インターからすごく近いので、とても便利だ。

ワシらは出港地近くのパーキングで車中泊。

今夜は美人鰤で晩酌じゃあ!!

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

久しぶりの宮崎遠征にウキウキがとまりませんぜえ!!さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事