深島釣行の第3弾。大工のO氏が魅せる!

夜釣りは不発だったものの。

さてさて、深島釣行の第3弾だぞ。

今回は大工の棟梁、O氏の登場だ。

夜中に磯にあがり、徹夜状態で夜釣りを始めたO氏。

齢65歳にして、この体力。

さすがは大工の棟梁である。

足腰の強さも当然我々以上のものだ。

夜中からずーーーっと釣りをしている。

なんという体力と気力。

どこにそんなパワーがあるんだか・・・。

そんなO氏の仕掛けが意外だったのでご紹介。

O氏の仕掛けは少し変わっていた。

道糸が1.5号。ハリスは3号。竿一本ほどのほぼ固定仕掛け。

こんな感じ。

道糸1.5号にハリス3号って、なんだかアンバランスなような気がするが・・・。

しかも3号って、太すぎないかな・・。

そう思っていたのだが、日が昇ってすぐに、O氏の竿がぶち曲がる!!

そして、しばらくやりとりをしていたのだが・・・

プツン・・・

ラインブレイク。

3号のハリスが見事に切れていた。

するとO氏

なんとハリスを4号に変更。

そんなぶっといハリスを持ってるんだ・・・。

しかし、いくら切られたっいっても、4号はさすがに太すぎないかな・・・。

ワシは1.2号から2.5号までのハリスしか持っていない。

しかしこの後!!

O氏の竿が再びぶち曲がる!!

うひょーー!!

めちゃくちゃ曲がってるやん!!

しかもやりとりを楽しむ余裕なんか見せちゃって。

ハリスが4号だから、余裕なんだな。

そしてあがってきた魚は

でかーーーい!!

45㎝の丸々とした素晴らしいクロ!!

こんなでかいクロがいるのだ!!

しかも4号の太いハリスでも、しっかりと食ってる。

う~ん・・・

仕掛けも固定概念をもつのは良くないな。

臨機応変にその場に応じた仕掛けを試してみる必要がある。

勉強になったぞ。

まずは固定概念を捨てることだな。

O氏はこのあと、同型のクロを1尾追加し、良型のクロを2尾釣り上げた。

さすが年季が入っとるばい。

ここ深島は、小さな木っ端グロは全く釣れないけれど、一発かかれば大型のクロが釣れてくる。

なかなか夢のある釣り場である。

そのかわりに、数は望めないようだ。

しかし、このクラスのクロが2尾釣れれば、満足だ。

ナイスフィッシュ!!

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

さすが棟梁、やりますねえ。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事