佐賀県唐津市鎮西町『加唐島』釣行続編。

ぶっ飛びの潮に翻弄されながらも。

潮の流れが、早えええーー!!

あっという間に仕掛けがあっちの方へ行ってしまうぞ。

うきが、見えないよおーー。

そんなぶっ飛んだ潮の流れの中、時合は短い時間で単発的に訪れる。

ちょっとの時合がきて、釣れなくなる。そしてまたちょこっとの時合が訪れるといった具合であった。

その時合にいかに釣るかが勝負のカギである。

まあ、ずーーーっと釣れないわけではないので、意外に楽しい。

釣れない時間帯は、色々と思考を巡らせ、仕掛けを変えたりと魚との勝負に臨む。

こういう時間も楽しいものだ。

そしてその変更した仕掛けがばっちりとはまり、釣らたりすると、たまらんのだな。

ほ~れ、ワシだってこの通り。

しっかりと竿を曲げたりなんかしちゃってるんだぞ。

小気味よいひきを堪能しちゃったのさ。

ちょっとピンがあっていないけど、ご勘弁。

丸々とした体高のある、コンディションが良い魚体だ。

クロに関してはデカイ!!ってやつはこなかったけれど、30センチオーバーの良型がこんな感じで釣れたぞ。

これで美味いクロの刺身が食える。

うしし・・・。

おおお!

にわ子もしっかりと竿を曲げているではないか。

ぽつぽつとではあるが、しっかりと魚があたってくる。

なかなか良型のオナガじゃないか。

ま、ワシが釣ったやつの方がでかいがな。

これは声を大にして言っておこう。

ワシの方がでかいぞ!!

って、こんなことを言っていると、だいたい最終的に痛い目にあうワシ。

このブログが公開され、にわ子がこれを読んだあとは・・・恐ろしい・・・。

きっとワシの晩飯は・・・ない・・・。

そんなことを考えていると、にわ子がなかなか良い魚を釣り上げているぞ。(ちょっとはフォローしておかないとな。)

あ、すまん、すまん。

写真を間違えた。

こっちの写真だった。

なかなか良型である。

40㎝オーバーのイサキが数尾あがったぞ。

クロを狙っていたはずなのだが、竿一本くらいまでタナを深くすると、イサキがあたりはじめた。

美味しいゲストなので、これは嬉しい。

ワシも良型イサキを数尾釣り上げる。

おきまりの外道もくる。

クロにイサキと美味しい魚が釣れてきてくれた。

もうこれで、十分満足なのだが、いつものおきまりの外道も釣れてきた。

特にバリ(アイゴ)が多かったかな。

しかも釣れる度にでかくなってくる。

かるく40㎝を超えてきた。

小さめのやつを一尾だけ下処理をして持って帰った。

煮つけにすると美味いからな。

その他のゲストとしては

アラカブやメバル。

この子たちは小さかったのでリリース。

あと、ボラも大群で群れていたな。

釣果。

加唐島釣行の釣果であるが

  • クロ・オナガ:30㎝クラスを6尾。
  • イサキ:35~40㎝クラスを5尾
  • バリ:沢山ヒットしたが、1尾だけ持ち帰りあとはリリース。
  • メバル、アラカブ:リリース。
  • 正体不明の化け物:ラインを切られる。

こんな感じかな。

とりあえず、ワシらは自分たちで食べられる分だけをキープし、残りは同船だったお弁当屋さんに差し上げた。

お弁当屋さんのクーラーの中にはでかいボラが入っていた。

沖磯の寒ボラだから美味いと思うぞ。

今回の釣行はまずまず。

久しぶりの磯での釣りに、満足して帰路についたのさ!

本日もご覧いただき、ありがとうございました。

クロも良かったけれど、イサキが大きくて満足しました。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村
スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事