見よこの青い空、そして青い海!

いざ実釣でござる。

平戸の居酒屋で酒と食事を堪能したワシらは、天草での反省をいかし早めに就寝し翌朝に備えた。

朝日とともに目を覚まし、身支度を整え平戸市街から車で10分ほどのところにある、小さな港を目指した。

どうよ、この雰囲気!

魚たちがココにいますよ~!って言ってるやろ?

何~?

聞こえないって~。

何をおっしゃいますやら、ワシにははっきりと聞こえるぞ。魚たちの元気な声が!

さあ、釣りまっせ~!!

先客は6名。

ワシらが港に着いた時には、先客が6名いた。

ファミリーが3名、若いルアーマンが3名。

ひと通り挨拶をすませ、間に入れてもらった。

子供がサビキ釣りでアジを釣っていた。

一投毎にピチピチしたアジコがサビキの針に鈴なりについてくる。

もう、大騒ぎさ。

「釣れた、釣れた~!!大きいよ~!!」

何とも微笑ましい光景である。

こうした自然の中での遊びを楽しめる子供は、きっとおおらかにたくましく育つに違いない!

さあ、ワシらもバシバシと釣るぞ。

にわ男はふかせ釣り、にわ子はジギング。

ワシはクロ狙いで浮きふかせ釣り。にわ子は青物や根魚を狙ってジグを投げる。

ワシは撒き餌を数投撒いてみる。

ワシャワシャワシャー!

一気に海面が黒くなった・・・。

アジ子の大群がワシの撒き餌に狂ったように群がってくる・・・。

うそーーっつ!

何じゃこのアジコの大群は!

先ほどの子供が鈴なりにアジコを釣っていた光景を思い出した。

そりゃ、こんだけのアジコが海を占拠していれば、一投毎に釣れるわけだ。

網ですくえるんじゃないか??

当然のごとく、仕掛けを投入しても、一瞬にして餌をアジコにとられる・・・。

一方にわ子は?

何だ、何だ~?

すでに黄昏ていないか??

どうやら、ジグでも反応がないようである。

段々と無口になる二人。

そんな中でも、やるときゃやる男、博多にわ男。

静寂を破り、浮きの反応を見逃さず、ビシッと合わせをいれる!

ふふふ・・・。

どうだ!!

見事なクロだろう!!

と、ここまでは前ふり。

実はこの写真、大きく見えるように撮っているが、本当は手のひらくらいしかないのさ・・・。

ちっちゃ~い・・。

誇大表現ですまん・・。

とにかく、釣れるのはアジコと小さなクロばかり。この小さなクロでさえ、アジ子の猛攻でなかなか釣れない状況である。

ワシの頭の中にはボ・ウ・ズ・・・の文字が浮かぶ。

ヤバイ。釣れない釣師、博多にわ男の本領発揮である。

その時である!!

キターーー!!

と、にわ子が何やら大騒ぎしている。

にわ男
またまた~。そんなこと言ったって、ワシは騙されんぞー!

マジで誇大表現でJAROに訴えてやるぞ!

にわ男
うそ!!うそやろーー!!

にわ子の竿が大きく弧を描いている。

しかもドラグがジリジリと出ているではないか。

ワシは急いでタモ網を持ってにわ子のもとに走る。

にわ男
なになに!本当に魚がきてるわけ??
にわ子
タモ!タモ!マジでタモ!!

釣れない釣師、博多にわ男は、やはりタモ入れ係である・・・。

そしてにわ子のドヤ顔、どうぞ・・・。

釣り上げたのはカンパチ。まあ、大きさ的にはまだまだネリゴだが、見事な1尾。

は~い。

ここからにわ子は、喋る、喋る。

釣った釣人は、延々と喋り続けるのだ。

おまえは芸人か!っていうくらい喋りまくるにわ子であった。

まわりからは注目の的。

は~い・・・。参りました・・・。降参っス・・・。

結局釣れたのはこの1尾のみ。

お持ち帰りができそうなサイズの魚は、結局にわ子が釣ったこの1尾のみ。

ワシはただ単にアジコ達に餌を撒き続けた『養殖おじさん』になってしまった・・・。

なかなか厳しい戦いだったな・・・。

そして、にわ子が釣った魚はこのように姿を変えた。

にわ子釣る人、にわ男捌く人・・・。

この構図はいつまでたっても変わらないようである。

なんでやねーーーん!!

本日もご覧いただき、有難うございました。

釣れない釣師、博多にわ男は健在です!さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
下の『更新通知を受け取る』をクリックしていただくと、最新記事の更新通知をお届けできます。もちろん無料です。って、当たり前だろうがーー!!
おすすめの記事