長崎県平戸市生月町釣行の続々編。

大型魚見参!

Wさんたちは別の港へ移動。

釣り場には我々ふたりだけになってしまった。

入れ替わりやってきた釣り人達も、早々に見切りをつけて別の場所へ移動していった。

貸し切り=釣れない場所

ってことかな・・・。

にわ子も釣れないもんだから、竿すら持っていない。

それでも、もうひと頑張り。

今晩の食料調達をせねばならぬ。

釣れないときには、幻もちらつく。

見えないはずものものが見えたりするのだ。

やばいな。

しかし、粘っていれば何かしらの反応がかえってくるのも魚釣り。

いったい何十回、いやもっとかな・・にわ子は仕掛けを投げ続けたことか。

小さな答えがかえってくる。

ほんまに小っちゃいな・・・。

あ、失礼。

小さくともイカはイカである。

正真正銘のアオリイカ。

この小さな反応で、ワシも少しヤル気がでてきたぞ。

上の層では木っ端グロの群れがかなりの数でいるものと判断し、仕掛けを大きくチェンジ。

思い切って5Bの負荷をかけて、一気に深ダナへ仕掛けを送り込む作戦。

撒き餌さも少し投入ポイントをずらして、あたりをまつ。

ズドーン!

きましたよ、きました。

ズドンときましたよ~。

それもかなりの重量感。

??しかし・・・??

重量感はあるが、全くひかない・・・ただずっしりと重いだけ。

何だ?何だ??

君は誰だ??

君だったかーー!!

通称『はとぽっぽ』。正式名称は『イラ』っていう魚。

どうりで重たいはずである。

重さもけっこうあるぞ。

釣り人はあまり有難がらないが、以前に食したときには、わりと美味しかった記憶がある。

本命のクロが釣れないのだから、こいつを食するしかないのである。

それにしてもデカイな。

とりあえず〆て、血抜きをしておこう。

その後も本命のあたりは遠く、ジ・エンド・・・・。

W氏たちの様子も気になったので、のぞきに行ってみた。

二人とも、状況的にはあまり変わらず、やはり手のひらサイズのクロに襲われていた。

夏場のクロは秋や冬に比べて、少し型は落ちるが、それでもこのサイズでは少し不満が残る。

梅雨間近になると、良くなってくるはずなんだが・・・。

まだ少し時期が早いのかな。

さて

最終釣果。

チヌは3尾もいらないので(痩せていた)、1尾のみキープして、あとはリリース。

はとぽっぽは持ち帰り。

クロも少しましなサイズ2尾だけ持って帰った。

本命にふられた感じの釣行であったが、それでも久しぶりの魚とのやりとり、そして海の景色を堪能し、釣行全体としては、とても満足し満喫させていただいた。

遊ばせてくれて、感謝である。

たまには『熊本の赤牛』でもいかがですか?

本日もご覧いただき、有難うございました。

種類は別として、魚と遊ぶことができて、とても良い休日でした。さて、釣好大全九州ではブログランキングに参加させていただいております。よろしければ下のボタンをクリックしていただき、応援いただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 釣りブログ 九州釣行記へ にほんブログ村 磯釣りランキング
スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします。

最新情報をお届けします

おすすめの記事